キャリーバッグはとっても便利だけどエスカレーターでは注意を!

キャリーバッグはとっても便利だけどエスカレーターでは注意を!

重い荷物でも軽々と移動ができるキャリーバッグ、旅行だけでなく普段使いにも使い勝手がいいと、利用者は増加の一歩をたどっています。町中にも多く、キャリーバッグを使用している人も見かけるのですが、気になるのがエスカレーターでのバッグの置き位置ですね。

どうしてもキャリーバッグだとやってしまうのが

今では4輪のキャリーバッグも多く出ています。しかし小型の、普段使うようなキャリーの場合2輪のものが多いですね。そうなると自然、後ろに引きずって使用するという形になります。人間は自分の後ろには不注意になるものです。後ろには目がないので当然のことです。その結果、後ろを歩いている人への接触事故など、問題になっています。4輪のキャリーバッグの場合は、体側に引き付けて使用ができるのですが、それでもつい後ろに引きずってしまうという人も多いですね。事故の無いようにこれはできるだけ注意しなくてはいけないことです。特にエスカレーターでのキャリーバッグの置き位置には、充分注意したいものですね。

エスカレーターに乗る時にはキャリーバッグはここに置きたい

自のお後ろに引きずってきたキャリーバッグ、上りのエスカレーターに乗る時にもそのまま自分の後ろ、1段下に置くことはありませんか。4輪で体側に引き付けてきた人でも、上りのエスカレーターに乗る時にはつい、後ろの段に置いてしまうものです。これは非常に危険な置き位置ですので、やらなようにするのがおすすめです。上りエスカレーターに乗る場合は、自分の前、1段上に置くようにしてください。エスカレーターは段々になってます。ここを重い荷物であるキャリーバッグが落ちていったら、結果は考えたくもないですね。上りエスカレータの場合は自分の前、もしくは空いていたなら自分の横、つまり目の届く所に置くようにしましょう。下りのエスカレーターの場合は、後ろに置いてもそれほど問題はありません。ぐらついて落ちたとしても、当人の背中にぶつかるだけです。ただ安全面で言うなら、自分の横に置くのが最もおすすめできる置き場所です。事故を起こさないようにするために、キャリーバッグのエスカレーターでの置き場所、注意したいものですね。

まとめ

エスカレーターは段差のある移動手段です。段があるということは、そこを落ちた場合に下にいる人もしくは物に被害を与えるということです。上りのエスカレーターでは自分の前に、下りでは後ろにおいておきましょう。自分の横に置ければそれに越したことはありません。またどの置き方でも、キャリーバッグから手を離すことのないように心がけてくださいね。”

it-kaden2

コメントを残す