JALの機内に持ち込めるキャリーバッグのサイズは?

JALの機内に持ち込めるキャリーバッグのサイズは?

旅行の際の相棒といえばキャリーバッグ。タイヤもついていて持ち運びもしやすく、短期間の一人旅などではキャリーバッグを相棒として持ち歩きながらの旅行ということも考えられます。ですが、このキャリーバッグ、飛行機に乗る際には手荷物として持ち込めるサイズが決まっているのはご存知ですか。そしてそのサイズは、各社ごとにも異なっているのです。そこで今回は、日本の2大航空会社の1つであるJALの機内に持ち込めるキャリーバッグのサイズを比較してみましょう。

JALの機内持ち込みの基本

JALにおいては、ハンドバックなどの身の回りの品の他に、既定のサイズ以下であり、身の回りの荷物との合計が10kg以内という条件を満たすことで手荷物を1つまで持ち込むことができます。つまり、この手荷物としてならキャリーバッグを機内に持ち込むことができるのです。そして最も重要となる既定のサイズは、国内線であるか国際線であるか、国内線である場合にはどれだけの席数があるのかによって決められています。

国際線に持ち込む場合

まず国際線の場合です。国際線の場合には、幅、高さ、奥行きの合計が115cm以下であり、55cm×40cm×25cm以内である必要があります。

国内線に持ち込む場合

国際線の場合には、国内線の場合には、その飛行機の座席数が100席以上であるか、それ未満であるかによって変わってきます。100席以上の場合には、3辺の合計が115cm以内であり、55cm×40cm×25cm以内である必要があります。そして100席未満の場合には、3辺の合計が100cm以内であり、45cm×35cm×20cm以内である必要があります。席数が多い飛行機の方が当然ですが飛行機自体も大きくなるので、持ち込み可能なキャリーケースのサイズも少し大きくなります。そのため、少しでも大きいキャリーケースを持ち込みたい場合には、100席以上の飛行機を選ぶのがおすすめです。

キャリーバッグを機内に持ち込む際の注意点

キャリーバッグを機内に持ち込む際には、注意しておかなければならない点がいくつかあります。まず、自分で荷物をしまわなければいけない関係上、自分でしまうことができない荷物の場合には断られてしまう可能性もあるということです。10kgという制限もあるので、重すぎる荷物を持ち込むということもまずないでしょうが、席によっては足元に置くことができず、収納棚しか使うことができないということもあるので注意が必要です。また、国際線の場合には機内に持ち込むことができる液体物に制限があるので、事前に確認しておいて正しい状態で持ち込めるようにしておかなければいけません。

まとめ

キャリーバッグは旅行に行く際には、持ち運びの点や入る荷物量から非常に便利な鞄です。ですが、便利だからと言ってこれ一つで旅行に行こうとすると、制限がかかってしまうこともありえます。特に飛行機に乗る際には顕著で、サイズ選択を間違えてしまい、機内に持ち込めなかったということも起きてしまいます。飛行機での旅行の際には、キャリーバッグのサイズもきちんと計算して準備するようにしましょう。”

it-kaden2

コメントを残す