キャリーバッグを購入する時に自重には気をつけて

キャリーバッグを購入する時に自重には気をつけて

旅行に用意にキャリーバッグの購入、この先の旅への期待に胸も踊ります。

どんなデザインのどんな色のものにしようか、旅行の予定は何日間だからサイズはこの程度で、などとあれこれ楽しい悩みも感じます。

でも気をつけてほしいのは、キャリーバッグの自重です。

キャリーバッグって結構重い

特に日本人の場合、防犯面も重視しますので、海外旅行用のキャリーバッグの素材はハードタイプを選ぶ人が多くなっています。

防水面や耐久性からも、ハードタイプはおすすめの素材なのですが、どうしてもその分自重が増えてしまいます。

今ではかなり軽い素材もでていますので、昔のようにバッグだけで10キロ近い、などということはなくなりました。

それでも特に力のあまり無い人には、それなりに堪える重さです。

加えてキャリーバッグ購入時には忘れがちなのですが、これにパッキングして中身を詰めるのですね。

購入時の重さに加えて、中身が入るのです。

普段は転がして移動ができるキャリーバッグですが、まだまだ町中での段差は多いのも事実です。

また国によっては石畳の道なども多いので、重い荷物を移動させるのには本当に力が必要になります。

キャリーバッグ購入の際には、バッグの自重も考慮に入れて選んでください。

キャリーバッグの重さを感じるには

今はネットでの買い物ができるようになって、家まで運んでくれるのは大変にありがたいです。

特にキャリーバッグの大きなサイズのものは、自宅まで持ち運ぶのは面倒に感じるものですね。

ネット通販利用で、宅配してもらうと便利と考えても不思議はありません。

しかし通販の場合、重量は明記してあっても実感はわきませんね。

5キロと書いてあっても、どの程度自分の手で持った時に重さを感じるのかは、実感できません。

なのでできるだけ実店舗での購入をおすすめしたいです。

持ち帰るのが面倒と思っても、実際にはそれに荷物を詰めて空港とか駅に向かうことになるのです。

中身の入っていないキャリーバッグで、予行練習していると思って持ち帰ってみてください。

もしそれだけできつく感じた場合は、他のキャリーを探すかもしくは覚悟を決めることになります。

でも当日になって慌てるよりは、ずっとマシということですね。

まとめ

購入時には忘れがちなキャリーバッグの重さです。

それに加えて荷物が入る、帰宅時にはお土産などで膨らむということも考えると、やはり自重は大事です。

セキュリティの面も大事ですが、重くて運べないなどということになっては元も子もありません。

そこも踏まえて購入をしてください。

it-kaden2

コメントを残す